このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 冬の花 シクラメン

冬の花 シクラメン

こんにちは、みゆきです!

今回はシクラメンについてお話ししたいと思います。

シクラメンは細く伸びた茎にひらひらとした、まるでちょうちょのような花を咲かせます。
花びらの縁が波打つフリル状の種類もあり、花の色や形の種類はさまざまです。

原産地は地中海やヨーロッパ地方の花で、10月〜5月が開花時期になります。一番の見ごろは冬の時期です。
ドイツやフランスでは『アルプスのスミレ』と言われています。

丈夫で育てやすいのが特徴です。初心者の方でも育てやすいです。
ですが、高温多湿に弱いです。寒さに弱い種類もあります。

多年草で適温であれば通年花が見られますが、日本の四季の梅雨や真夏の期間を苦手としていますので、なかなか難しいかと思います。
この苦手な梅雨や真夏の時期になりますと花を枯らして葉っぱだけの状態になり、出来るだけ活動を減らして休眠状態で越そうとします。生育もしないため、乾燥した状態で夏を越します。
この時期の水やりは、水をむやみにあげてしまうと腐ってしまいますので、風通しの良い場所で管理してたまに球根に水を掛けてあげます。もしくは一切水を与えないようにしましょう。そして涼しいところで管理してください。
普段の水やりは、葉っぱや花に水がかからないように鉢の縁から静かにあげてください。水の量は、鉢から水が流れ出すまでたっぷりと(^ ^)


花言葉は、
 『遠慮』 『内気』 『はにかみ』 『気後れ』です。

色別の花言葉もあります。
 赤:『嫉妬』
 白:『純白』
 ピンク:『憧れ』 『内気』 『はにかみ』

シクラメンの「シ」「ク」は、「死」「苦」という不吉な言葉を連想させることから、縁起が悪い花としてお見舞い用の花としては適していませんので、ご注意を。



昨年の年末に友達からシクラメンをいただきました。
次から次へと花が咲いてくれてホッコリ(*^-^*)

が・・・
先日シクラメンを玄関に移動したら、息子(犬)が食べてしまいました
花が・・・ない。

花だけ・・・ない。

かわいそうな状態に。
置くところも気を付けないと。と反省・・・。

こんなにたくさん食べるから美味しいのかなぁ??
と思っちゃいました。(笑)

今はまた花がたくさん咲いてくれています!!
毎年咲いてくれるように育てたいと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

また近いうちにアップしたいと思います。
お楽しみに〜☆

コメント

コメントを書き込む











ブログカレンダー

<   2018-02   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
ランドハグチャンネル
エクステリア商品紹介
エクステリア用語集
全ての庭に、
最適な建材でお応えしたい―
全国各地だけでなく、海外からも取り寄せたこだわり素材と幅広い建材知識で、和風庭園・洋風庭園・オープン・クローズスタイルなど、あらゆるご要望に見た目と機能性の両立でお応えいたします。


株式会社 LAND-H.A.G
(ランドハグ)

〒245-0051
横浜市戸塚区名瀬町2971
fb
 

Copyrights © LAND-H.A.G Allrights Reserved.